ソニックシリーズ5本が1ドルで! Humble Sonic Bundle 2019

Pocket

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム情報へ

Humble Sonic Bundle 2019 は,ソニック・ザ・ヘッジホッグシリーズの PC 移植詰め合わせバンドルです。

日本では存在感のないソニックですが,メガドライブがスーパーファミコンを超えるほどのシェアを誇った北米や,今なお互換機が人気を集めている中南米では,今でもマリオと並ぶほどの大物です(ギャラは安いですが)

90年代のものの移植が中心とはいえ,$1 で5本も手に入るのはお得です。まだ持っていない人は問答無用で積んどきましょう。

平均(現在 $6.37) を超える額で手に入るタイトルも,新しめのタイトルが充実しており,セガ版マリオカートこと Sonic & SEGA All-Stars Racing も含まれていていい感じです。

$10 以上で手に入るものはそれほど……という感じですが,ソニックシリーズのゲーム性が好きで積まない人はもちろん,たぶん積む人も,$4 に満たない価格差を考えればアリです。ここに含まれるシリーズ最新作 Sonic Forces の国内定価はなんと堂々の ¥7009 です(なお US では $39,99 のおま値で,評判もあんまりよくない)

販売期間は残り12日です。Humble は基本的に売り切れがないので急ぐ必要はありませんが,忘れないうちにポチっておきましょう。

完全に余談ですが,中南米で愛されるメガドライブ互換機の多くはブラジル大手 Tectoy 社で製造されており,互換機といっても勝手に作っているパチモノではなく,セガからの正規ライセンスを受けているホンモノです。

ソフト内臓の “N in 1” 型がポピュラーなようですが,近年のレトロゲームブームを受けて,見た目までほぼ一緒でメガドライブのカセットがそのまま使える“復刻版”まで発売されました。

どうしてブラジルでは今でもメガドライブが作られているのでしょうか? 実はブラジルの関税政策に由来しており,ジェット機を国内製造できるなど工業国としての顔も持つブラジルでは,国内産業の保護・育成のためにハイテク製品の輸入にべらぼうな関税をかけていて,最新のゲームコンソールは庶民には手の届かないものになっていたのです。

残念ながら(と言っていいのかはわかりませんが)この関税は近年どんどん引き下げられていっているようで,このパラレルワールドが見られるのもあと少しかもしれません。

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム情報へ

Pocket